More Website Templates @ TemplateMonster.com. November19, 2012!
  • 堺すずめ踊り連盟について

  • すずめ踊りって?


    慶長8年(1603年)、仙台城の移徒式(新築移転の儀式)の宴席で、泉州・堺から来ていた石工たちが城主・伊達政宗公の前で即興的に披露した踊りに始まるといわれております。西国らしい小気味良いテンポ、躍動感あふれる身振りから石工衆の間では当初は“はねっこ踊り”と呼ばれ踊り継がれていましたが、昭和36年(1961年)に再び復活した際に、伊達家の家紋「竹に雀」にちなんで、はね踊る姿がえさをついばむ雀に似ているとして“すずめ踊り”と名付けられたそうです。
    しかし、踊りを披露した泉州・堺の石工たちは、築城工事につぶさに関わり、お城の構造的な秘密を知っていたために仙台の地に引き止められることとなり、与えられた城下の土地で、神社の祭礼など奉納しながら今日まで石工衆の子孫により踊り伝えられてきたそうです。
    私達、堺すずめ踊り連盟は石工衆のふるさと堺で大阪を中心に演舞をしています。

    すずめ踊り入門


    練習会場のご案内 現在2か所で定期的に練習会を開催中。お気軽にご参加ください。